歯科助手の資格とは

歯科助手とは歯科医の助手の仕事をするための資格です。
し印刷や治療の補助をするのは歯科衛生司法に基づいた歯科衛生士と看護士にしか許されていませんから、歯科助手が診察や治療にかかわるということはないのです。
ですから基本的な業務内容としては、診察や治療に必要な器具の準備や清掃や受付など色々なものがあります。
これは、どれも直接的な診察や治療に参加することはありません。
歯科助手は国家資格ではありませんから、歯科助手を取得していなくても同じ業務を行うことはできます。
ただし、基本的な知識がないと現場では役に立たないために、歯科助手としての基本知識を持っている人材を育てるために作られたといえるでしょう。
歯科助手を認定している団体は日本歯科医師会です。
日本歯科医師会が認定している歯科助手には、乙種第一と乙種第二、甲種の3段階があります。
歯科医師会は日本歯科医師会だけではなくて都道府県に医師会もありますし、市区町村にも医師会があります。
実際の試験では講習会を受講した後に試験が行われるのですが、講習会を受講するための条件というもの地域によって異なります。
資格の取得しやすさとしては、同じ歯科医院で働く歯科衛生士よりは簡単であるといえます。
LECキャンペーンを狙え!【割引クーポンで激安】